菊地凛子はバベルだけじゃない!才能は本物!

菊地凛子(きくちりんこ)
1981年1月6日生まれ、神奈川県出身、anore所属。
よく間違えられていますが「菊凛子」で、「菊凛子」ではないですよ!

1999年(15歳)に新藤兼人監督の映画【生きたい】でデビュー。
この時の名前は菊地百合子という本名でした。

その後「三文役者」「赤い芝生」「空の穴」などの映画に
立て続けに出演。

2001年にNHK連続テレビ小説【ちゅらさん】主演・国仲涼子
の後輩看護師・村山麻衣子役として出演。
このころはまだ菊地百合子でしたね。

2004年5月に菊地凛子(きくちりんこ)に改名する。

菊地凛子が芸熱心なのは当時から有名、一度出会った監督・演出家
にはことごとく気に入られるようで、前出の新藤監督の他、石井克人、三木俊一郎、高田雅博の各氏らに多用されている。

知名度は低い菊地凛子でしたが、CMには多数出演しています。

例えば、木村拓哉の【うさぎ男】でおなじみの富士通のノートパソコンのCMではガールフレンド役を演じ、ロッテのガムのCMでバレンタイン監督の指名を受けて、代打登場するのも菊地凛子。

トヨタレンタリースのCMでは草なぎ剛と共演。

エステー化学のムシューダのCM夫婦の休日編でもコミカルなところを見せている。

ナショナル・ボード・オブ・レビュー(米映画批評会議賞)
新人女優賞受賞。
2007映画【バベル】に出演した菊地凛子が、ゴールデングローブ賞の助演女優賞にノミネートされた。

映画【バベル】はカンヌ国際映画祭に出品され、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが監督賞を受賞した映画です。

菊地凛子は、【バベル】の出演が決まる前から、手話を習い始め、
撮影時には、ほぼマスターしていたというほど、この役への情熱を見せてくれたようです。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。