壁紙やプロフィールとか

菊地凛子(きくち りんこ)1981年1月6日生まれ。
本名=菊地 百合子(きくち ゆりこ)。
神奈川県出身
身長168cm
体重47kg(2007年2月現在)

カンヌ国際映画祭に出品された映画『バベル(BABEL)』 
監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが監督賞を受賞。
その映画「バベル」で耳の聞こえない日本の女子高生役で出演。
撮影に挑むにあたってオーディション前から手話を習い、撮影中には殆どマスターしていた努力家の菊地凛子。
女子高生の役を演じる為、5キロ増量したといいますが、映画を見ると太ってる感もなく、ほど良くぽっちゃりで高校生って感じの体。
役作りへの熱心さも伝わりました。

映画では全裸のヘアヌード姿もありましたが女性の私から見ても
うっとりするキレイさ。あれで5キロ増しということは、、、
相当スレンダーだったに違いない!

第79回アカデミー賞の最優秀助演女優賞候補にノミネートされた。
映画『バベル』の関連イベント(映画賞授賞式など)には、ほぼすべてシャネルが提供した衣装で登場している。

菊地凛子さんの壁紙がたくさん
こちら→Googleで菊地凛子の壁紙Get

菊地百合子〜菊地凛子、ちゅらさん〜バベル

神奈川県出身、26歳 A型
本名「菊地百合子」

所属事務所:anore所属
米国映画「バベル」出演の菊地凛子、アメリカでの代理人は
クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー社。

身長168cm。体重47kg
趣味:音楽鑑賞
特技:馬術、日本舞踊、手話

朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」では
看護婦役、そして2007年GW公開の「バベル」では
ヘアヌードでセクシーなシーンも見せる
聾唖(ろうあ)の女子高生役を好演しました。

カンヌ国際映画祭に出品され、監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが監督賞を受賞した映画『バベル』に
耳の聞こえない(聾唖)日本の女子高生役で出演した。
その演技力からハリウッドで注目を浴びたほか、自身が初めて
演じたヘアヌードシーンについて「たいした事じゃない」と
発言したことも話題となりました。

撮影に挑むにあたってオーディション前から手話を習い、
撮影中には殆ど習得していたという。女子高生の役を演じる為、10代特有の体型(ムチムチとした感じ)を出すのにあたって、
5キロ増量した。撮影の途中で監督が本物の聾唖(ろうあ)
の人を使いたいと言い出した時は、相当へこんだそう。
コンビニでは聾唖者に成りきって買い物をしてみたり、地下鉄では風の感覚で列車が入ってくるのに気付く感覚を養うなどの
訓練を積み、役作りに励んだという彼女。
役作りの努力には脱帽です。見えぬところでの努力を美しい
女優達は惜しまないのですね。

結局、適当な聾唖の女優が見つからなかったのと、菊地凛子
の熱意と意欲が監督に伝わった為、彼女は最後まで演じられた。 
2007年ゴールデンウィーク公開
映画『バベル


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。